解説

データベース(正規化)基本情報技術者試験対策

更新日:

データベース

第2正規化は、部分従属している列を別テーブルに分割する作業です。

テキストの例では、伝票NOと商品CDが複合キーとなっています。

この複合キーの部分関数従属している部分を別テーブルに分割します。

まず、日付、顧客CD、顧客名は複合キーの伝票NOに部分従属しているので、別テーブルに分割します。

同様に商品CDに部分関数従属されている商品名、単価も別テーブルに分割します。

ここで注意するのは、数量は商品CDには部分関数従属していないので、別テーブルには分割されません。

すなわち、商品CDが決まっても数量は決まらない関係だからです。

数量は、伝票NOと商品CDの複合キーによってはじめて確定されます。

第2正規化をすることで、1つのテーブルが合計で3つのテーブルに分割されました。

 

第3正規化

第3正規化は、主キーや複合キー以外の列で関数従属している列を別テーブルに取り出す作業です。

例では、顧客CDと顧客名は関数従属しているので、顧客CDと顧客名を別テーブルに取り出します。

 

続きはこちら ↓↓↓

 

基本情報技術者試験 ビデオ講座 YouTube

基本情報技術者試験 動画 おすすめ

コンピューターの構成 基本情報技術者試験 動画

OSの働き 基本情報技術者試験 動画

ネットワーク 基本情報技術者試験 動画

数値の扱い 基本情報技術者試験 動画

セキュリティ 基本情報技術者試験 動画

データ構造 基本情報技術者試験 動画

データベース 基本情報技術者試験 動画

コンテンツの利用について
こちらをお読みください

基本情報技術者試験対策 Cloud Notes コンテンツ利用について

-解説
-, ,

Copyright© 基本情報技術者試験 無料ビデオ , 2020 All Rights Reserved.