adminの記事

Eラーニング

解説

半加算器 全加算器 基本情報技術者試験対策

この講習では、半加算器と全加算器について見ていきましょう。 半加算器回路は、2進数の足し算を行う際に使用される回路です。 入力側AとBから2つの信号を入力し、その入力信号を2進数として足し算を行います ...

Eラーニング

解説

論理回路とは 基本情報技術者試験対策

この講習では論理回路について見ていきましょう 論理回路とは、複数の入力端子に1または0の入力信号を送り、それに対して論理演算を行い、演算結果を1または0で出力する回路のことです。 テキストの論理回路の ...

Eラーニング

解説

集合と論理演算 基本情報技術者試験対策

この講習では、集合とベン図についてみていきます。 ベン図とは集合を分かりやすく図で表したものです。 テキストの例では、40人のクラスで塾に通っている子供とスポーツクラブに通っている子供がいます。 塾と ...

Eラーニング

解説

データベース(正規化)基本情報技術者試験対策

データベース 第2正規化は、部分従属している列を別テーブルに分割する作業です。 テキストの例では、伝票NOと商品CDが複合キーとなっています。 この複合キーの部分関数従属している部分を別テーブルに分割 ...

Eラーニング

解説

正規化とは 基本情報技術者試験

データベース データベースの正規化とは、テーブルを設計する際にデータに重複や矛盾が生じないようにテーブルを設計することです。 正規化には、「第1正規化」「第2正規化」「第3正規化」があり、「第1正規化 ...

Eラーニング

解説

データベース(主キー・外部キー)関係演算 基本情報技術者試験対策

データベース 関係演算とは、表(テーブル)から特定の列(カラム)や、行(レコード)を取り出したり、表と表を結合させるための操作です。 関係演算には、「選択」、「射影」、「結合」の3種類があります。 ビ ...

Eラーニング

解説

データベース(主キー・外部キー)基本情報技術者試験

データベース この講習ではデータベースの主キー、外部キーについて見ていきます。 主キーとは、表(テーブル)から特定の行(レコード)を識別するための列(カラム)です。 そのため、主キーはその表の中では「 ...

Eラーニング

解説

データベースとは RDBMS 基本情報技術者試験対策

データベース DBMSとは、Data Base Management System(データベースマネジメントシステム)の略で、データベースを管理するミドルウェアです。 ミドルウェアとは、ハードウェアと ...

Eラーニング

解説

データベースとは 基本情報技術者試験対策

データベース この講習ではデータベースについて見ていきます。 データベースは、コンピュータで大量のデータを効率よく扱うための仕組みです。 コンピュータでは、データ量が多くなってもきちんとデータが処理さ ...

Eラーニング

解説

データ構造(キュー・スタック 過去問題)基本情報技術者試験対策

データ構造 この問題では、キューとスタックの両方があり、それぞれにデータを挿入あるいは取り出しを行う問題です。 まず、スタックへの操作は、 スタックにデータyを挿入する操作は、push(y) (プッシ ...

Eラーニング

解説

データ構造(キュー・スタック 過去問題) 基本情報技術者試験対策

データ構造 この講習では過去に出題された問題を見ていきましょう。 この問題は、待ち行列に関する問題です。 空の待ち行列に、データn(エヌ)を挿入、あるいは取り出しを行います。 問題で、ENQ n (エ ...

Eラーニング

解説

データ構造(キュー・スタック)基本情報技術者試験対策

データ構造 キューとは違うデータ制御方式にスタックがあります。 スタックのイメージは、片方の穴が塞がった筒に、上からデータを入れて、上から取り出すイメージです。 筒は片方が塞がっているので、データを入 ...

Eラーニング

解説

データ構造(キュー・スタック)基本情報技術者試験対策

データ構造 この講習では、データ構造の一つのキューについてみていきます。 キューとは、待ち行列などで使用されるデータ制御方式です。 キューのイメージは、両方に穴の開いた筒に片方からデータを入れて、反対 ...

Eラーニング

解説

データ構造(木構造 過去問題)基本情報技術者試験対策

データ構造 この問題はヒープに関する問題となります。 ヒープとは、親と子の関係において、常に親は子より等しいか大きい、あるいは親は子より等しいか小さいという関係になります。 この問題では、親は子よりも ...

Eラーニング

解説

データ構造(木構造 過去問題) 基本情報技術者試験対策

この講習では過去に出題された問題を見ていきましょう。 この問題は、2分探索木についての問題です。 この問題の2分探索木は、親から子を見た場合 テキストの様に親子の関係を見て、親より小さい場合は「左下」 ...

Eラーニング

解説

データ構造(木構造)2分探索木(二分探索木)基本情報技術者試験対策

2分探索木(にぶんたんさくぎ:二分探索木)とは、2分木のデータ構造において、親と子の関係で、 左側の子<(小なり)親 <(小なり) 右側の子の関係、 あるは、左側の子 >(大なり)親 >(大なり) 右 ...

Eラーニング

解説

データ構造(木構造)ツリー構造 基本情報技術者試験対策

この講習では、データ構造の一つの木構造(きこうぞう)についてみていきます。 木構造とは、ツリー構造とも呼ばれ、データの構造が階層構造になっているような場合に使用されます。 例えば、会社組織で「事業部」 ...

Eラーニング

解説

データ構造(リスト 過去問題)配列 連結リスト 基本情報技術者試験対策

この問題では、配列と連結リストの特徴に関する問題です。 は、連結リストでは要素を更新する場合、更新するべき要素を先頭からたどって探すので、処理時間は長くなります。 は、リストでの要素の削除はポインタを ...

Eラーニング

解説

データ構造(リスト 過去問題)双方向ポインタ 基本情報技術者試験対策

問題の双方向ポインタを持つリスト構造を分かりやすく順番に並べてみるとテキストの様になります。 社員の並びは、「社員A」→「社員K」→「社員T」となります。 問題では、「社員A」と「社員K」の間に「社員 ...

Eラーニング

解説

データ構造(リスト)双方向リスト 基本情報技術者試験対策

次に、双方向リスト と 循環リストについてみてみましょう。 ポンタ―をたどっていくと最後のデータのポインタは、0やNullとなっていて、これでデータ構造の最後だということを意味します。 それに対して、 ...

Copyright© 基本情報技術者試験 無料ビデオ , 2020 All Rights Reserved.