解説

正規化とは 基本情報技術者試験

更新日:

データベース

データベースの正規化とは、テーブルを設計する際にデータに重複や矛盾が生じないようにテーブルを設計することです。

正規化には、「第1正規化」「第2正規化」「第3正規化」があり、「第1正規化」より順番に行います。

テーブルを設計する際にはとても大切な作業となります。

テキストでは、伝票をテーブルに変換するイメージがあります。

このように、データベースでは実際にある伝票や帳票などのデータや、実在するデータをテーブルに変換をしてデータベースの処理を行います。

 

関数従属とは、テーブルのレコードである値(X)が決まると、その他の値(Y)が一意に決まる場合、YはXに関数従属しているといいます。

テキストの例では、商品コードが決まると商品名も決まる関係です。

 

続きはこちら ↓↓↓

 

基本情報技術者試験 ビデオ講座 YouTube

基本情報技術者試験 動画 おすすめ

コンピューターの構成 基本情報技術者試験 動画

OSの働き 基本情報技術者試験 動画

ネットワーク 基本情報技術者試験 動画

数値の扱い 基本情報技術者試験 動画

セキュリティ 基本情報技術者試験 動画

データ構造 基本情報技術者試験 動画

データベース 基本情報技術者試験 動画

コンテンツの利用について
こちらをお読みください

基本情報技術者試験対策 Cloud Notes コンテンツ利用について

-解説
-, ,

Copyright© 基本情報技術者試験 無料ビデオ , 2020 All Rights Reserved.