解説

データベース(主キー・外部キー)関係演算 基本情報技術者試験対策

更新日:

データベース

関係演算とは、表(テーブル)から特定の列(カラム)や、行(レコード)を取り出したり、表と表を結合させるための操作です。

関係演算には、「選択」、「射影」、「結合」の3種類があります。

ビュー表は、関係演算などのデータ操作を行う際にユーザーが見るために仮想的に作成された表を言います。

単に「ビュー」とだけ言う場合もあります。

まず、関係演算の「選択」は、テーブルから特定の行(レコード)を取り出してビュー表に表示させることです。

テキストの例では、元の商品テーブルから製造メーカコード 45 のレコードを選択しています。

次に「射影」とは、元の商品テーブルから特定の列(カラム)を取り出します。

例では、「商品名」と「型式」のカラムを取り出してビュー表に表示しています。

 

続きはこちら ↓↓↓

 

基本情報技術者試験 ビデオ講座 YouTube

基本情報技術者試験 動画 おすすめ

コンピューターの構成 基本情報技術者試験 動画

OSの働き 基本情報技術者試験 動画

ネットワーク 基本情報技術者試験 動画

数値の扱い 基本情報技術者試験 動画

セキュリティ 基本情報技術者試験 動画

データ構造 基本情報技術者試験 動画

データベース 基本情報技術者試験 動画

コンテンツの利用について
こちらをお読みください

基本情報技術者試験対策 Cloud Notes コンテンツ利用について

-解説
-, , ,

Copyright© 基本情報技術者試験 無料ビデオ , 2020 All Rights Reserved.