解説

タスクスケジューリング 基本情報技術者試験対策

更新日:

OSの働き

タスクスケジューリング

プリエンプティブ方式では、OSがCPUの割り当てを管理しますが、その役割を果たすのが、ディスパッチャです。

このディスパッチャがタスクスケジューリングで、どのようにCPUの割り当てを行うかで、いくつかの方法があります。

1番目は、優先順位方式です。

これは、タスクに優先順位を設定して、優先順位の高いタスクから実行していく方式です。

実行中のタスクより優先順位の高いタスクが実行可能状態の待ち行列に追加されると、実行中のタスクは中断され、優先順位の高いタスクが実行されます。

2番目は、イベントドリブン方式です。

タスクの入出力の完了や割り込み処理によって、タスクを待機状態あるいは実行可能状態にする方式です。

現在のワークステーションやパソコンでは、ユーザーからの操作、例えばクリックやダブルクリックがイベントドリブンとなり、それに対応して処理が始まります。

イベントが何も起こさなければ、そのままの状態でイベントが起こるのを待っています。

このようにパソコンなどのアプリケーションは、このイベントドリブンの方式で作られています。

3番目は、ラウンドロビン方式です。

この方式は、CPUの割り当てを一定の時間に区切って行う方式です。

CPUの処理時間が一定時間経過をすると割り込み処理が発生をして、実行中のタスクが中断され、次のタスクが実行されます。

このタスクも一定時間が経過すると中断され、更に別のタスクが実行されます。

一定の時間内に終了しなかったタスクは、同じ優先順位の待ち行列の最後に回ります。

このように、このラウンドロビン方式では実行可能状態のタスクが満遍なく平等に実行されていきます。

TSS(タイムシェアリングシステム)などで用いられます。

 

基本情報技術者試験 動画 おすすめ

コンピュータの構成

コンピューターの構成 基本情報技術者試験 動画

基本ソフトウェアとは

OSの働き 基本情報技術者試験 動画

コンテンツの利用について
こちらをお読みください

基本情報技術者試験対策 Cloud Notes コンテンツ利用について

基本情報技術者試験 ビデオ講座 Youtube

おすすめ記事

Eラーニング 1

基本情報技術者試験対策 テキスト クラウドノーツ® 基本情報技術者試験対策 YouTubeを始めたけれど、スマホで見ていたら画面が小さくて見ずらいといったお悩みの方はいらっしゃいませんか? そんな方に ...

Eラーニング 2

システム システムの稼働率 システムの稼働率を計算するにあたって、つぎのような必要な項目があります。 まず、MTBF 平均故障間隔とは、システムや機器が稼働を開始してから次に故障するまでの平均稼働時間 ...

Eラーニング 3

論理回路 半加算器 全加算器 この講習では、半加算器と全加算器について見ていきましょう。 半加算器回路は、2進数の足し算を行う際に使用される回路です。 入力側AとBから2つの信号を入力し、その入力信号 ...

Eラーニング 4

セキュリティ セキュリティ ディジタル証明書 過去問題 解説 この問題は「ディジタル証明書」で、検証できることは、「送信者が正しいこと」と「改ざんの有無」となります。 「送信者が正しい」というのは、受 ...

-解説
-,

テキストのコピーはできません。

Copyright© 基本情報技術者試験 無料ビデオ , 2021 All Rights Reserved.