解説

多重プログラミング 基本情報技術者試験対策

更新日:

OSの働き

多重プログラミング

このCPUの遊休時間を減らす方法として多重プログラミングがあります。

この多重プログラミンの処理を、例を見ながらみていきましょう。

この例では、CPUは1つで、I/Oの処理は競合しないので、I/Oの処理は同時に行える前提です。

まず、プログラムAはプログラムBより優先順位が高い為、プログラムAが先に実行されます。

プログラムAが30m秒実行されると、そのあとはI/Oに処理を渡して、CPUはプログラムBの実行にとりかかります。

プログラムAは、I/Oの30m秒後でないと次のCPUの処理が出来ない為、図のように10m秒の空き時間が発生してしまいます。

このように全体をみると、プログラムAとBが完了するまでは、合計で200m秒かかり、

CPUの遊休時間は30m秒となります。

多重プログラムンを使用しない場合と比べると、全体で100m秒の短縮、CPUの遊休時間は100m秒の短縮となります。

 

基本情報技術者試験 動画 おすすめ

コンピュータの構成

コンピューターの構成 基本情報技術者試験 動画

基本ソフトウェアとは

OSの働き 基本情報技術者試験 動画

コンテンツの利用について
こちらをお読みください

基本情報技術者試験対策 Cloud Notes コンテンツ利用について

基本情報技術者試験 ビデオ講座 Youtube

おすすめ記事

Eラーニング 1

基本情報技術者試験対策 テキスト クラウドノーツ® 基本情報技術者試験対策 YouTubeを始めたけれど、スマホで見ていたら画面が小さくて見ずらいといったお悩みの方はいらっしゃいませんか? そんな方に ...

Eラーニング 2

システム システムの稼働率 システムの稼働率を計算するにあたって、つぎのような必要な項目があります。 まず、MTBF 平均故障間隔とは、システムや機器が稼働を開始してから次に故障するまでの平均稼働時間 ...

Eラーニング 3

論理回路 半加算器 全加算器 この講習では、半加算器と全加算器について見ていきましょう。 半加算器回路は、2進数の足し算を行う際に使用される回路です。 入力側AとBから2つの信号を入力し、その入力信号 ...

Eラーニング 4

セキュリティ セキュリティ ディジタル証明書 過去問題 解説 この問題は「ディジタル証明書」で、検証できることは、「送信者が正しいこと」と「改ざんの有無」となります。 「送信者が正しい」というのは、受 ...

-解説
-,

テキストのコピーはできません。

Copyright© 基本情報技術者試験 無料ビデオ , 2021 All Rights Reserved.