解説

フラグメンテーションとメモリコンパクション 基本情報技術者試験対策

更新日:

OSの働き

フラグメンテーションとメモリコンパクション

可変区画方式だと無駄な空き領域がなく、プログラムをロードしていますが、プログラムが終了すると、その領域は解放され空き領域となります。

そしてこの空き領域には、他のプログラムがロードされてきます。

テキストの様に、プログラムA、B、Cが可変区画方式でロードされていますが、それぞれのプログラムが終了すると区画が解放されます。

その解放された区画に、別のプログラムF、E、Gがロードされると、プログラムサイズの違いにより、テキストのような空き領域がどうしても発生をしてしまいます。

この状態をメモリのフラグメンテーション(断片化)といいます。

このフラグメンテーションが進むと、全体の処理が低下するので、この空き領域を詰める作業を、メモリコンパクションあるいはガベージコレクションといいます。

ガベージコレクションは、ごみの収集という意味があり、無駄な空き領域をゴミとみなしてこのように呼んでいます。

これはメモリでの断片化ですが、以前の講習でもあったようにハードディスクでも同じような現象が発生をしていました。

ハードディスクでは、断片化はフラグメンテーションで同じですが、これを解消するのはデフラグといいます。

メモリの場合は、メモリコンパクションあるいは、ガベージコレクションと呼んでいます。

 

基本情報技術者試験 動画 おすすめ

コンピュータの構成

コンピューターの構成 基本情報技術者試験 動画

基本ソフトウェアとは

OSの働き 基本情報技術者試験 動画

コンテンツの利用について
こちらをお読みください

基本情報技術者試験対策 Cloud Notes コンテンツ利用について

基本情報技術者試験 ビデオ講座 Youtube

おすすめ記事

Eラーニング 1

基本情報技術者試験対策 テキスト クラウドノーツ® 基本情報技術者試験対策 YouTubeを始めたけれど、スマホで見ていたら画面が小さくて見ずらいといったお悩みの方はいらっしゃいませんか? そんな方に ...

Eラーニング 2

システム システムの稼働率 システムの稼働率を計算するにあたって、つぎのような必要な項目があります。 まず、MTBF 平均故障間隔とは、システムや機器が稼働を開始してから次に故障するまでの平均稼働時間 ...

Eラーニング 3

論理回路 半加算器 全加算器 この講習では、半加算器と全加算器について見ていきましょう。 半加算器回路は、2進数の足し算を行う際に使用される回路です。 入力側AとBから2つの信号を入力し、その入力信号 ...

Eラーニング 4

セキュリティ セキュリティ ディジタル証明書 過去問題 解説 この問題は「ディジタル証明書」で、検証できることは、「送信者が正しいこと」と「改ざんの有無」となります。 「送信者が正しい」というのは、受 ...

-解説
-, , ,

テキストのコピーはできません。

Copyright© 基本情報技術者試験 無料ビデオ , 2021 All Rights Reserved.