技能実習生サポート

日本の生活にいち早く適応するためのさまざまなケースをレッスンで学びます

技能実習生サポート 日本語

初めて日本で暮らすことになった技能実習生が、日本の生活にいち早く適応するために最低限知らなければならないさまざまなケースをレッスンで学びます。

技能実習生のための日本語

実践日本語 (60時間目安)

技能実習生が日本で生活するうえで、最低限必要な日本語の話す、読む、書くそして聞いて動くといった運用力を強化するためのレッスンです。
限られた学習時間の中で、危険防止や職場の安全のためのコミュニケーションを重視した、すぐ役立つ日本語が学べるようになっています。

 

生活基礎編 レベルⅠ (60時間目安)

日本で生活するうえで最低限必要な表現をやさしいものから順に学習していくことで、基本的な会話力や言語能力を身につけることを目標にしています。

 

日常生活編 レベルⅡ (60時間目安)

日常生活での話題や場面を中心とした構成で、「自己紹介」から始まって「食事」「訪問」「電話」「買い物」など全部で18の場面について、日常生活における初歩的なコミュニケーションを学びます。

 

実習現場編 レベルⅢ (60時間目安)

実習現場で技能実習をしながら、日本語を学習する技能実習生のためのもので、第1課から第21課まで学びます。
各課とも「4つの基本文型」「会話」「課題」の手順で学習するように構成されており、日本語だけでなく「技能実習生の生活ルール」や「安全衛生」「地域との共生」などに必要なことも学ぶことができます。

 

日本語100時間

日本語を技能実習や日常生活のための道具ととらえ、技能実習生が日本で困らない最低限の日本語コミュニケーション能力を100時間で身につけることを目標にしたコースです。
日本語検定試験 N5レベルの力が身につきます。

更新日:

テキストのコピーはできません。

Copyright© Spica Online Language School , 2021 All Rights Reserved.